1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行でスキルを上げる方法

記事作成代行でスキルを上げる方法

インタビューイメージ

女優さんは人に見られることを意識しているので、より一層綺麗になっていく、と言われています。同じように文章も読まれることをより意識すれば、さらに素晴らしい文章になっていくのではないでしょうか。

テクニカルな手法を学んでいく前に、意識や目線を変えていくことが重要です。

ここでは、記事作成代行において、ライティングスキルを上げるための幾つかの注目すべきポイントをご紹介していきます。

「誰に」「何を」「どう」

コミュニケーションの基本は、「誰に」「何を」「どう」伝えるかです。

この中で、「どう」の部分がライティングとなります。ですから、いきなり文章を書きはじめるのではなく、「誰に」「何を」の部分をしっかりと意識から、文章を書きはじめるべきだと思います。

「誰に」の部分が曖昧だと、的確な言葉選びができません。また、「何を」のところが決まっていないと、文章に揺らぎが出てしまい、言いたいことが読者に伝わりません。

「誰に」は、できるだけターゲット層を絞り込むのが理想です。ただ、メディアによっては幅広い読者層をとりたいということもあります。その場合には、仮でもいいのでコアなターゲットの人物像を思い浮かべながら書くと、伝わりやすい文章になります。

記事制作代行では、一文は短く

 

1つの文章をできるだけ短く書きましょう。Webでは、句読点が多すぎると読みにくいという意見も見受けられますが、それは限度問題だと思います。

2018年にGoogleがモバイルファーストインデックスを発表しました。これは、今後PCサイトではなく、スマホサイトをページ評価の基準とするという施策です。それだけ、スマホで文章を読む人が増えているということです。

ですから、これからのライティングは、スマホで読まれることを前提として考える必要があります。スマホユーザーを意識し、スマホで読みやすい文章を書くことが大切です。

画面に表示される1行の文字数はデバイスによって違いますが、私のスマホは1行20字です。ここで3行を超えるような文章は、1行飛ばしてしまったり、戻ってしまったり、読みにくい文章となってしまいます。1つのセンテンスが60字を超えないように気をつけて書いていきましょう。

一晩寝かせる

記事が書き終わるとホッとしますが、重要なのはそこから先です。書いた文章を、一晩おいてから何回か読み返してください。できれば3回以上。すると、誤字脱字が見つかるのはもちろんですが、文章的にも直したい箇所が出てきます。

この行はいらないな。この文章は前後を入れ替えると、もっと読みやすくなりそうだな。そうした気づきが、次々と出てきます。文章を書くことは誰にでもできます。しかし、書き上げた後の「推敲力」が、実はライティングスキルを上げてくれるのだと思っています。

書き上げた文章は「一晩寝かせる」のが理想です。締め切りの関係もあって一晩は無理と言う場合も、せめて1時間は寝かせましょう。そうすることで、書き手の意識から校閲者・読者の意識に変わり、冷静に文章を見直すことができるようになります。

まとめ

記事作成代行において、ライティングのスキルを上げるためにテクニカルな部分の習得も必要でしょうが、肝心なのは意識の変換だと思います。

しっかりと「誰に」向かって「何を」書いているのかを意識する。読者の気持ちになって、書き上げた文章を読み直してみる。小手先のテクニックより、そうした意識の部分が、まずは重要だと思います。

作者の目からふっと離れて、第三者の目線で文章を読み直してみることも効果的です。自分の文章に自分で「ツッコミ」を入れる「ノリ ツッコミ」ができるようになれば、ライティングスキルはもっと上がっていきます。

 

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。