1. HOME
  2. コラム
  3. 記事を作るときの計画の立て方とは?

記事を作るときの計画の立て方とは?

合計で数千文字の記事を作成する際、事前に計画を立てた上で執筆を開始することが大事です。計画もなしに執筆を開始すると、全体としてのまとまりがなくなり、記事のターゲットが欲する情報を盛り込んでいない内容となる恐れがあります。

そこで今回は、記事作成における計画の立て方について解説しましょう。

記事制作の計画を立てる上で重要な構成案

記事作成において重要なのは、計画としての構成案を考えることです。構成案とはいわゆる章立てのことで、文字数が多ければ大見出し・中見出し・小見出し、少なければ大見出しと小見出し、もしくは大見出しのみで構成案を考えます。構成案は記事全体のいわば設計図となるので、最初に考えておくと記事作成がスムーズに進みます。

しかし、Webサイトの記事作成においては、テーマに沿った構成案をただ考えればよいというわけではありません。より多くの読者の関心を引き付けられるように、対策キーワードを構成案の中に盛り込む必要があります。

構成案で重要となる対策キーワード

記事を作成する際、誰にこの記事を読んでもらいたいかというターゲット層を想定することが大事です。

例えば、ベビー服の通信販売をしている会社のWebサイトであれば、子育て世代の20~30代の女性で、どのベビー服を買うかを検討中の人に読んでもらえる記事にする必要があります。

ベビー服の購入を考えている人がGoogleなどの検索サイトを利用する場合、「ベビー服 購入」や「ベビー服 おすすめ」などのキーワードを入力するでしょう。ベビー服の通信販売会社としては、「ベビー服 購入」や「ベビー服 おすすめ」と検索したときに、上位の検索結果に来るような記事を作成することが大事になってきます。ベビー服を買おうと思っている人が検索結果に沿って自社サイトを訪問してくれれば、購買行動につながりやすいからです。

こうした企業のWebサイト運営の目的達成につながるキーワードのことを対策キーワードといい、構成案にこの対策キーワードを盛り込んで、検索結果の上位に食い込める記事を書くことが重要になってきます。対策キーワードの設定には、「ラッコキーワード」(https://related-keywords.com/)などのキーワード取得ツールがWeb上にあるので、活用するとよいでしょう。

競合サイトの内容をチェックする

 しかし、対策キーワードを構成案に盛り込んだとしても、すぐに検索結果の上位を取るのは大変といえます。先ほどの「ベビー服 購入」のキーワードでいうと、先行者である既存の通販サイトなどが検索結果上位を占め、そこに食い込まなければならないからです。

とはいえ方法はあります。実際に対策キーワードを検索サイトに打ち込み、検索結果の上位10サイトほどのタイトルやリード文、見出しなどをチェックしてみましょう。そのサイトは、その内容で上位を取れているわけです。後発者の身としては、その内容を参考にして、どのような記事を書けば読者に読まれるのかをしっかりと分析してみましょう。

まとめ

記事作成の計画を立てる場合、まずは記事の骨格である構成案を作ることが大事です。ただし、Webサイトの記事を作る場合、サイトの運営目的に合うような「対策キーワード」を構成案に盛り込み、ターゲット層である読者を引き込むことが大事です。

また、その対策キーワードにおいて検索サイトで上位を取っているサイトを分析し、どんな記事内容が注目を集めているのかを調べることも重要になってきます。記事作成の後発者としては、その内容を上回るような魅力的な記事を作れるよう努力する必要があるわけです。

あまりに多くの人が検索するキーワードで勝負しても、後発者はなかなか先行者に勝てず、注目を集めにくい面もあります。そのため、先行者が扱っていない対策キーワードを敢えて構成案に盛り込み、ニッチを狙うというのも有効な方法です。

 

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。