1. HOME
  2. コラム
  3. 良い記事がスラスラ書ける構成案の作り方

良い記事がスラスラ書ける構成案の作り方

ライターが記事を書く前に必ずすべきこと。それは構成案の作成です。構成をしっかりと作っておくと、言いたいことが的確に伝わる記事が出来上がります。また、ライティングもスムーズに進めることができるでしょう。一方で、構成案を作らない、あるいは作り込みが不十分だと、書くべき内容が明確になっていないため、言いたいことが伝わらない記事になってしまいかねません。

今回はこの記事を実例として、構成案の作り方を3つのステップに分けて解説します。

STEP1:調査

まずは他のサイトがどのような構成・内容になっているか調査してみましょう。たとえば今回のテーマである「構成案の作り方」というキーワードで検索すると、構成案を作る手順や考え方が書かれた記事が検索結果の上位に表示されます。

検索エンジンは、読者の悩みが解決できるようなサイトが上位に表示される仕組みです。「構成案の作り方」というキーワードは、構成案が作れなくて悩んでいるライターが検索することが想定されるので、上位に構成案を作る具体的な方法が書かれた記事が表示されるのは至極自然なことです。

このように実際にキーワードで検索すると、どんな記事が上位表示されていて、どのようなことが書かれているかを知ることができます。できれば上位10サイトくらいを見てみて、その内容や構成を参考にしてみましょう。

STEP2:ターゲット像の決定・記事の目的

次にターゲット像と記事の目的を考えてみましょう。今回を例に挙げると、このコラムはライティングに携わる方向けに作られています。そのため、この記事のターゲット像はライターになって間もない方を想定しました。

そして、そのターゲット像が抱える悩みやニーズを分析しましょう。「構成案の作り方」をテーマにした記事を読むライター初心者は、おそらく「構成案がなかなか上手く作れない」「クライアントから構成案を作って欲しいという依頼があったけど、どう作ればいいかわからない」という悩み、あるいは「構成案が作れるようになりたい」というニーズから、「構成案の作り方」というキーワードでネット検索をしていると考えられます。

その上で、記事の目的を設定します。どうしたら読者の悩みやニーズが解決できるのかを考えてみましょう。今回の記事であれば「構成案の作り方がわかる」「構成案が自分で作れるようになる」ことを目的としました。

STEP3:記事の構成要素の決定

いよいよ実際に構成案を作っていきます。今回はターゲット像が構成案の作り方を知りたいライター初心者の方なので、シンプルに構成案の作成方法を紹介するという方向性を定めました。

次に記事の構成を具体的に考えていきます。ここでポイントなのは、どうしたら読者に言いたいことが伝えられるのか?ということ。今回は3つのステップに分けて説明した方がわかりやすいと考え、「STEP1:調査」「STEP2:ターゲット像の決定・記事の目的」「STEP3:記事の構成要素の決定」という構成にしました。

このように、見出しを箇条書きにすることで記事の大まかな構成が出来上がります。さらに「STEP1:調査」の下には「調査の流れを解説」「上位10サイトくらいを検索する」といったように、要点をメモ書きに記せば構成案が完成します。

まとめ

記事作成代行の構成案は建築で言う設計図のようなもの。設計図がないと家が建てられないように、構成案がないといい記事は書けません。事前に構成案をしっかりと作成しておけば、ブレがない、読者の悩みを解決できる良質な記事を作ることができるでしょう。迷いなく記事を書けるようになり、作業効率もアップします。

また、構成の段階であらかじめ各見出しで何文字書くか決めておけば、ライターの仕事にありがちな文字数の過不足を防ぐことにもつながります。

良いライターになるためには良い構成案を作れることが必須条件です。ぜひ今回の記事を参考に構成案を作り込んでみてください。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。