1. HOME
  2. コラム
  3. 脱マンネリ!記事のワンパターン化を防ぐ3つのポイント

脱マンネリ!記事のワンパターン化を防ぐ3つのポイント

女性ライター

記事作成代行において、自分の原稿が「どうもワンパターンになってしまって……」ということはありませんか?特に、取り上げるテーマやジャンル、商品が似たようなものであるとなおさらなのでは?そこで今回は、マンネリ原稿から脱するために、押さえておきたいポイントを3つ、具体的な例を挙げながらご紹介します。

POINT1  読者の視点をしっかり分析し、興味を引き出すタイトルを考える

記事の顔ともいうべき「タイトル」は脱マンネリ化の要となる部分です。タイトルを決める際、取り上げるテーマを真正面から受け止め、それに引っ張られ過ぎないようにすることが大切です。要するにタイトルをつける時点で、「どっかで見たことある!?」と思われるようなマンネリ感を出さない工夫が必要なのです。

ここでは「日焼け止めの選び方」をテーマにした例で説明していきます。

一般的に「日焼け止め」=「外で使うもの」⇒「室内にいる分には必要ない」と考える人は多く、タイトルを「日焼け止めの賢い選び方」とした場合、関心がない人には響きません。内容も紫外線の影響から日焼け止めの予防効果を示すSPFとPAにふれて……となれば、お決まりのパターンに陥ります。

そこで、実際には紫外線A波は室内でも窓から入ってくることに着目。切り口を変えて、日焼け止めは必要ないと思う人たちにも響くキャッチコピーを入れてみます。「部屋の中でも紫外線は入ってくる!?日焼け止めはどう選べばよい?」と、別の視点からアプローチしてタイトルを考えると、リードや本文も斬新な目線で展開しやすくなります。

POINT2  画像やイラスト、表などの視覚効果を上手に使う

冗長でワンパターンの記事は読み手にとっても苦痛ですし、最後まで読まれない傾向にあります。そこで効果を発揮するのが、画像やイラスト、表などを使って、共感を促し、インパクトを持たせる方法です。

先ほどの例で「日焼け止めの選び方」のサムネイル画像を考えてみます。日差しが強い光景や日焼け止めを塗っているカットはよく見かけるパターンです。特に依頼主から指定がない場合は、ここもタイトルのキャッチコピーを意識してみましょう。例えば、誰かが窓辺で仕事をしていて、いつの間にか顔が日焼けして困っている様子を画像やイラストにすると、わかりやすさも加わり、その記事の内容を魅力的に引き立たせることができます。

 

POINT3  できるだけ新しい情報を盛り込んで鮮度を上げる

そもそも記事がワンパターンに陥る根底に、情報自体がありきたり過ぎることも考えられます。特に注意が必要なのは、取材をせず、ネット検索などで調べた情報をもとに原稿を書く場合です。できるだけ鮮度の高い情報を届けるためには、普段からいろんな分野にアンテナを張りめぐらし、書籍、雑誌、TV、新聞など多くの媒体に目を通し、情報のアップデートを行っていくことです。

「日焼け止め」の記事でいうと、最近は紫外線予防だけでなく、肌のトーンアップ効果も兼ねた商品が出回っています。メンズ用に開発された商品も発売されており、若い年齢層を中心に注目を集めています。こうした旬のネタを盛り込み、読者のニーズに合わせて情報の鮮度を上げていくことも、脱マンネリ化に効果的です。

まとめ

どんなテーマであれ、ワンパターンの記事にならないようにするには、日頃から情報収集力を養い、いろんな引き出しを持っておくことが大切です。引き出しが多ければ多いほど知識も構築されているので、柔軟なアイデアが生まれ、独自性のある記事を作成しやすくなります。まずは今回ご紹介した3つのポイントに着目してみてください

1 読者の視点をしっかり分析し、興味を引き出すタイトルを考える

2画像やイラスト、表などの視覚効果を上手に使う

3旬の話題など、できるだけ新しい情報を盛り込む

 

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。