1. HOME
  2. コラム
  3. 納期と執筆時間のスケジュール管理が重要!効率化するコツを解説

納期と執筆時間のスケジュール管理が重要!効率化するコツを解説

ライターは基本的には一人でパソコンに向かって仕事を行います。そのため、自分でスケジュールを組み立てて柔軟に働けるのが魅力ですが、自由度が高いゆえに管理の難しさが課題になることも少なくありません。

今回は、記事作成代行の意識すべき「納期」と「執筆時間」のスケジュール管理の重要性と、スケジュール管理を効率化する方法について紹介します。ぜひご自身の仕事に取り入れてみましょう。

記事の納期の管理

 ライターが意識すべきスケジュールの1つが、記事の納期です。クライアントは納品された記事の校正・校閲や入稿作業などを逆算して執筆納期を決めているので、ライターの納期が遅れてしまうとクライアントのスケジュールも狂ってしまいます。

しかし、さまざまな案件を依頼されるようになると、どの案件がいつの納期か管理しきれずに、納期を守れない事態も起こり得ます。また、短納期の案件を優先して執筆していると、納期が長い案件を失念してしまうケースも見受けられます。

案件が多いライターほど厳重に納期管理をしなければ、仕事が回らなくなってしまい、納期遅れにつながってしまうのです。その結果クライアントの信頼をなくしてしてしまい、仕事の依頼が減ってしまう可能性もありますので、納期管理はライターとして最重要課題とも言えるでしょう。

記事の執筆時間の管理

ライターは、1本の記事の執筆時間も管理する必要があります。テーマや専門性によって執筆にかかる時間は変動しますが、1つの記事執筆にかける時間があまりにも長ければ、他の案件を執筆する時間を確保できなくなってしまいます。

また、記事単価と執筆時間の整合性が取れなくなると、「こんなに頑張ったのに全然稼げない…」という事態も起こるでしょう。たとえば記事単価が4,000円の案件に8時間も執筆時間をかけてしまうと、時給換算すると500円になってしまいます。これでは執筆時間ばかりかかってしまい、報酬に結び付きません。

クライアントに迷惑をかけないためだけでなく、自分が頑張った分だけ稼げるようにするためにも、執筆時間の管理を意識しましょう。

ライターのスケジュール管理を効率化する方法

納期と執筆時間のスケジュール管理の重要性について述べてきましたが、これらの管理はどのようにしたら良いのでしょうか。

まず納期については、ツールを活用してそれぞれの案件の納期を可視化しましょう。納期管理には、カレンダーアプリ・スケジュール管理ツール・タスク管理ツール・プロジェクト管理システムなどが活用できます。それぞれ特徴が異なるので、自分が使いやすいツールを見つけましょう。

記事の執筆時間の管理についてですが、まずは自分の平均的な記事執筆時間を把握することがポイントです。実際に記事執筆の時間を計測してみると、このテーマなら○時間で書ける、この文字数なら○時間かかると、自分の傾向が分かります。自分のライティングスピードが把握できれば、「今日はこのくらい進めよう」など目安となるスケジュールが組めるようになるのです。

まとめ

ライターは自分の裁量で柔軟に働けるというメリットの反面、自身で管理を徹底しなければ仕事が回らなくなることもあります。スケジュールを守れないと、クライアントに迷惑がかかり、さらにはライターとしての評価が下がります。ライターにとって納期厳守は鉄則です。クライアントからの信用を失わないためにも、納期管理は必須事項と言えます。スケジュールが管理できれば、メリハリが利いてダラダラと記事を書き続けることもなくなり、記事のクオリティ向上も期待できるでしょう。

記事作成代行のスケジュール管理には自身の意識はもちろん大切ですが、ツールを活用したり自分の傾向を把握したりするなどの工夫も必要です。今回紹介した内容のほかにも、手帳に書く、同時に進行する案件数の上限を決める、一日の稼働時間を決めるなどのスケジュール管理方法もあります。ぜひ自分に合ったスケジュール管理方法を見つけ、質の高い記事を納期までに完成できる仕組みを整えましょう。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。