1. HOME
  2. コラム
  3. 未経験からWebライターになる方法と勉強法

未経験からWebライターになる方法と勉強法

今回の記事は、これから記事作成代行ができるライターを目指す皆さんにとっての手引書です。現在ライティングの世界で活躍している多くのライターも、最初は右も左も分からない状態からスタートしました。ライターになるために必要なこととは何なのか?ここで、その何かをつかんでください。

ライターになるための素質とは?

最初に考えることは、果たして自分には文章を書く素質・才能があるのだろうか、という漠然とした不安ではないでしょうか。確かに、小説家のようにゼロから物語を創作する仕事では、才能という要素は欠かせないかもしれません。しかし、ライターの仕事は小説家とは違うのです。

ライターに求められる能力は、テーマに関する情報を精査することと、そこから正しい日本語で分かりやすい文章を書く表現力です。これらの能力は一般的な仕事と同様に、自己研鑽と経験とによって伸ばすことができます。つまりライターになるチャンスは、やる気さえあれば誰にでもあるということです。

ライターになるための勉強法

 さて、ゼロからライターを目指すにしても、少なくとも文章を書くことが好きではないと、この仕事は務まりません。では文章を書くことは苦にならないと仮定して、ライター・デビューは何から始めればよいのでしょうか?

ライターの仕事では、他の人が書いた記事を読む機会が非常に多いので、まずは自分が興味を持ったインターネット記事を数多く読むことをおすすめします。もちろん日常的な読書も欠かさないことです。

本格的にライティングの勉強をしたいのであれば、Webライター養成講座を受講するという方法もあります。しかしライティング業界の面白いところは、経験がなくても仕事を続けることが勉強になり、いくらでも能力アップが可能なことです。いろいろと思い悩むくらいなら、初心者向けの仕事に飛び込んでしまうのも、ライター・デビューの1つの方法なのです。

 ライターの仕事をどうやって始める?

 Webライティングは仕事の幅が広く、専門的な知識を必要とするプロの記事作成から、初心者でも始められる記事作成までさまざまです。しかもここ数年ライティングの需要は安定しているため、新しくライターになる人にとっても、今が仕事を始めやすいタイミングかもしれません。

とはいえ実績のないライターが、記事制作会社と直接契約を結べるほど甘い世界ではありません。最初は「初心者でも可能」という採用条件を目安に、登録制のクラウドソーシングなどを利用してみましょう。報酬はわずかかもしれませんが、そこから実績を積めばよいのです。

ライティングを始めてみると、他に多くの記事や資料を参考にする機会が増えて、仕事をしながら同時に勉強にもなります。ハイレベルなライターが書いた記事を数多く読むに従って、Web記事に適した表現や文章の構成が少しずつ理解できるようになるでしょう。

クラウドソーシングにも仕事のランクがあり、実績を積むことによって徐々に受注できる仕事のレベルも上がります。良い記事を継続的に提供できるようになれば、クライアントからも信用され、さらに上のレベルの記事を任されるようになるかもしれません。こうしてライターとしての腕を磨き、経験と実績を積み重ねてゆくのです。

まとめ

Webライティングの仕事は、フリーランスとして未経験からでも始められますが、それですぐに生計を立てられるほど楽な仕事ではありません。仕事も報酬も増えるようになるまでは、1歩1歩ステップを踏みながらレベルアップを目指すしかないでしょう。

しかし何の分野の仕事でも、いい仕事を続けていれば誰かが認めてくれます。反対の言い方をすると、ちょっとでもいい加減な仕事をしてしまうと、誰からも信用を得られないということです。ライターとして大きく成長したいのであれば、とにかくいい記事を書いて、常にいい仕事をすることを心がけてください。

 

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。