1. HOME
  2. コラム
  3. 文字起こしサービスとは?活用のメリットから提供会社の選び方まで

文字起こしサービスとは?活用のメリットから提供会社の選び方まで

キーワード

人の言葉をテキスト化してくれる「文字起こしサービス」の存在は知っていても、どのようなメリットがあるのかわからずに活用をためらっていませんか?

過去に会議などの録音内容を自分で文字起こしした経験がある人なら、その大変さは骨身に染みていることでしょう。

文字起こしサービスは有料ではあるものの、活用後には「自分でテキスト化するよりも、もっと早く依頼すればよかった!」という感想をきっと持つはずです。

また、企業だけでなく医療・医学、裁判での音声のテキスト化など、さまざまな分野で活用されています。

この記事では、文字起こしサービスを利用してみたい人に向けて、サービスの内容や活用する4つのメリット、文字起こしサービス提供会社を選ぶ際の3つのポイントを紹介します。

文字起こしサービスとは?

文字起こしサービスとは、会議などを録音した音声をもとに、有償でテキスト化するサービス、もしくはサービス提供会社のことをいいます。サービスの対象となるものは、会議やセミナー、講演会、インタビューなどさまざまです。

会話では「あー」「えー」など、とくに意味のない言葉を発しますよね。こうした無意味な言葉を「ケバ」と呼びます。依頼する側は、「ケバ取り」してほしいのか、あえて話したとおりに文字起こしする「素起こし」を希望するのかを決めておきます。また、ケバ取り、素起こし以外にも、音声の語尾などを整えて読みやすいテキストにする「整文」や、指定文字数でまとめる「要約」という文字起こしサービスもあります。

録音時間が長いほど納期までの日数はかかり、一般的に60分の録音時間であれば、約4~5日、180分であれば約8日程度です。

ケバ取りによる文字起こしサービスの料金は、1分あたり200円前後もしくは1文字1円前後が相場になります。ただし、医療・医学系など専門性の高い文字起こしや、整文、要約を希望する場合は追加料金が生じます。

実際に依頼する際は、ICレコーダーやスマホなどの音声録音データを郵送するのではなく、文字起こしサービス提供会社の指定するオンラインストレージに送付(アップロード)するのが一般的です。対応音声・動画ファイルの拡張子は「.mp3」「.wma」「.mp4」「.mov」など幅広いですが、念のため事前に確認しておきましょう。

文字起こしサービスを活用する4つのメリット

文字起こしサービスを活用することで、次のようなメリットを感じ取れるでしょう。

メリット1:労力の削減

自力で文字起こしすることは可能ですが、サービスを活用する最大のメリットは労力の削減です。社員が会議内容を文字起こしする場合、10分程度の録音時間であっても約6倍の60分かかるといわれています。手が空いているだろうと不慣れな新入社員に任せてしまえば、専門用語や社内業務にも精通していないため、さらに時間を要することになるでしょう。

メリット2:音声よりも手軽に確認しやすい

録音内容を後から確認したいと思っても、聞きたい箇所を探し当てるのは意外と大変です。また、難しい内容の講義や裁判などでの内容は、音声よりもテキストのほうが理解しやすいでしょう。

メリット3:音声よりも共有しやすい

議事録などを社内共有する際に、録音データでの共有はかなり不便です。文字起こしした文書であれば、簡単に全社員間で共有できます。

メリット4:幅広く利用できる

文字起こしした文書であれば、必要な箇所をコピペするだけで広報やホームページなどに掲載するのも簡単です。また、探し当てたい用語の検索も容易にできるため、作業効率もアップします。

文字起こしサービス会社の選び方

文字起こしサービス会社を選ぶ際は、次の3つのポイントを目安に選ぶとよいでしょう。

ポイント1.料金重視で選ぶ

先述のとおり、文字起こしサービスの相場は1分あたり200円前後。しかし、個人事業主や中小企業、初めて依頼する人などにとって、コストは重要なポイントです。文字起こしサービス会社によっては、依頼者の希望に応じて安価なプランを提供しているので、いくつかの会社の料金を比較して選ぶとよいでしょう。

ポイント2.納期重視で選ぶ

「とにかく急いで文字起こししてほしい」という場合は、別料金がかかるものの「お急ぎコース」や「特急コース」などの短納期サービスを提供している会社を探しましょう。

ポイント3.専門性重視で選ぶ

学会などの音声をテキスト化して記録に残しておきたい場合もありますよね。専門性の高い内容の場合、文字起こしするライターがその道に精通している必要があります。ほかにも、裁判で証拠となる会話や音声を文字起こししてもらう場合は、必ず法律に詳しいライターがいるかを調べてから選びましょう。

文字起こしサービスのおすすめなら

ダリコーポレーションの文字起こしは、医療系や法廷用文書の文字起こしをはじめ、会議や座談会、対談、シンポジウムなど、さまざまな音声の文字起こしサービスを提供しています。用語や表記ルールを理解した専門分野に明るいプロライターが在籍しているので、離婚・遺産相続・労働問題・カンファレンスなどの文字起こしを安心して任せられます。

ケバ取り・整文・要約、特級コースなどへの対応はもちろん、英日混合など多様なニーズに対応しています。

一定の品質を保ちながらも1分100円の格安プランがあり、利用しやすいのもおすすめポイントです。

社外秘・機密文書などの守秘義務やセキュリティ体制も整っているダリコーポレーション。文字起こしサービス会社をお探しの人は、ぜひダリコーポレーションに依頼してみてはいかがでしょうか。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。