1. HOME
  2. コラム
  3. 信頼されるライターになるための3つのポイント

信頼されるライターになるための3つのポイント

ライターとして仕事をしていくためには、記事作成代行の仕事を受注し続けなければいけません。しかし「なかなか継続して依頼されない」「もっと多くの案件を取るためにはどうしたら良いのだろう?」と頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。

継続案件の受注や定期的な案件依頼をもらうためには、クライアントから信頼されるライターになることがその第一歩です。

本記事では、クライアントから信頼されるライターになるための3つのポイントについて紹介します。

コミュニケーション能力

 信頼関係を深めるためにコミュニケーションは欠かせません。ビジネスなので過度に親しくなる必要はありませんが、適度なコミュニケーションは仕事にも好影響をもたらします。

クライアントとの連絡手段はメールやビジネスチャットが一般的です。クラウドソーシングサービスを利用している人は、サービス内のチャットでやり取りすることもあるでしょう。チャットはメールよりも手軽にコミュニケーションを取れるため、信頼関係構築には最適です。依頼などの連絡には、丁寧かつ迅速に返信するよう心がけましょう。

また、お互いの都合が合えば、オンラインミーティングをするのもおすすめ。文字だけのやり取りよりも、ビデオ会議でお互いの顔を見て直接話すほうが、関係構築に効果があります。

 

ライティングスキルを磨き続ける

 クライアントに「このライターなら安心して仕事を任せられる」と思ってもらうためには、納品する記事のクオリティに手を抜いてはいけません。クライアントの意向を把握し、読者に読まれる質の高い記事を作成するためにも、常にライティングスキルの向上を意識しましょう。

ライティングスキルの勉強方法はさまざまですが、たくさんの記事を読んだり検索順位が上位の記事を書き写したりするのは、すぐ始められる手軽な方法です。優れた記事を見つけたら、どのような表現方法を用いているのか、どのような構成にしているのかなどを分析して、真似できるところを見つけましょう。

また、検索順位で上位になるためのSEOスキルや対象者へインタビューする取材スキルもライターに求められます。ライティングスキルと同様に、必要なスキルを身につけていきましょう。

約束を守る(納期を守る)

 案件を依頼される際には、必ず「○日まで納品してください」と期日を指定されます。納期を守ることは、信頼関係の構築に必須です。記事のボリュームや専門性によって納期の長さは異なりますが、短い場合は「明日まで」といった案件もあります。一方、長い場合は「一ヵ月後」ということも。案件ごとに納期を厳守し、クライアントの信頼を勝ち取りましょう。

また、スケジュールを調整することも納期を守るための対応の1つです。依頼を受ける際に、必要に応じて納期を交渉するという方法もありますので、自分でスケジュールを立てて、期日までに納品できるように管理しましょう。

しかし、複数の案件を抱えていたり難しいテーマの記事を担当したりすると、なかなか思うように仕事が進まないこともあり、納期に間に合わないことも起こり得ます。連絡をせずに納期を過ぎてしまうと、クライアントに「信頼できないライター」と印象づけかねません。もし遅れてしまう場合は、素直に相談しましょう。遅れそうだとわかった時点で早めにクライアントに連絡し、遅れる理由や執筆状況を報告することが大切です。

まとめ

信頼されるライターになれれば継続的な依頼をもらうことができ、ライターとして生計を立てていくことが可能です。安定した収入を得るためには、クライアントと信頼関係を築くことが重要なのです。

もちろんライターによってポリシーが違うので、信頼されるライターになるために大事にしていることは人によって違うかもしれません。しかし、今回紹介した内容は信頼関係構築の基礎とも言えることなので、ライターとして稼ぎたいと考えている人はぜひ実行してみてください。

WEBライターのニーズが高まっている今、ライターを目指している人は少なくありません。信頼されるライターになり、自分の市場価値を高めてさまざまな案件を受注できるようになりましょう。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。