1. HOME
  2. コラム
  3. 他人の文章を直してみることとは?

他人の文章を直してみることとは?

ライティングに携わる方は、自分以外の人が書いた記事をチェックすることも多いのではないでしょうか。しかし「どうやってチェックしたらいいの?」「直し方が分からない」といった課題を抱えている方も多いはず。

人の文章を直す作業は、ただ単に誤字や脱字を修正するだけでなく、表現方法を変えて分かりやすい文章にしたり内容の信ぴょう性をチェックしたりするなど、さまざまな内容の作業があります。

ここでは、具体的な文章修正の作業内容や、文章を直すメリットなどを確認しましょう。

記事作成代行で文章を直す作業の種類

 人が書いた文章をチェックしていると「この表現だと伝わりにくい」「この内容は正しくない」といった修正点が目に留まることがあります。そのような文章は適切に直してから公開しましょう。

文章を直す作業には、主に以下の内容の作業があります。

校正

校正とは誤字・脱字を直したり、表記の仕方を統一したりする作業です。文字や単語を一つひとつチェックして、文章の誤りを直し正しい文章にしていきます。

 

【例】×バック→○バッグ、×考えれない→○考えられない、WEB/Web/webの統一

 

校閲

校閲とは記事の内容の誤りを見つけて訂正する作業です。記事内容の根拠となるデータや引用元を確認して、正しい情報であるかどうかを確認します。また、度が過ぎた誇張表現は誇大広告と認識されてしまい「不当景品類及び不当表示防止法」に違反してしまうため、表現の内容についてもチェックします。

 

文章を直す必要性

 文章を直すことで、より読み手に伝わりやすい文章になったり記事の質を高めたりすることができ、最終的なコンバージョンにつなげられる効果も期待できます。

しかし文章を直すメリットはこれだけではありません。実は、もっと根本的な必要性をはらんでいます。

近年は企業コンプライアンスが重視されており、発信する情報の信ぴょう性や正確性の重要度も増しています。その流れに伴い、校正や校閲を怠って誤字・脱字ばかりの記事を公開したり事実とは違う内容を発信したりしてしまうと、企業のイメージダウンにつながってしまうのです。

薬剤や医療など記事の内容によっては、間違った情報を参考にして実行してしまい思わぬ事故に発展するケースも考えられます。

WEBコンテンツはすぐに修正できるというメリットはありますが、オンラインでの情報収集が主流になっている現代では、発信された情報はすぐに拡散してしまう可能性もあります。トラブルを未然に避けるためにも、文章を適切に修正して最初から信頼性のある質の高い記事を仕上げるようにしましょう。

文章を直す方法

 人の文章を直すためには、いくつかの方法があります。

添削、リライト

文章をチェックしていき、実際に書き直したり書き加えたりしていきます。文章を正しく修正して、読みやすく伝わりやすい文章に修正することが目的です。

書いた本人に修正を依頼

大きな修正や加筆、裏付けデータの提出、著作権の確認などは、文章を書いた本人に依頼する場合もあります。修正された文章をさらにチェックするリソースはかかりますが、リライトや事実確認のための手間を削減するメリットも。

校正ツールを活用

記事の内容をチェックして校正してくれるツールもあり、無料版や有料版などさまざまな製品が流通しています。校正作業が効率化できますが、あくまでの校正作業をサポートしてくれるものなので最終的には自分の目でチェックする必要があるでしょう。

まとめ

人の文章を直すことは、読みやすさの追求だけでなくトラブルのリスク軽減にもつながります。

なかなかリソースが確保できないとそのままにしたくなりますが、丁寧な校正・校閲は記事品質のために欠かせないもの。記事をブラッシュアップできれば、ユーザビリティを向上させ企業イメージを高められる効果もあります。

事実に基づいた適切な文章に修正するだけでなく、読み手のニーズを満たす記事にブラッシュアップすることも大切です。

 

 

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。