1. HOME
  2. コラム
  3. ライターのクリエイティブ力とは?トレーニング方法も紹介!

ライターのクリエイティブ力とは?トレーニング方法も紹介!

カフェイメージ

「クリエイティブ職」と聞くと、デザイナーやエンジニア、イラストレーターやゲームプランナーなどをイメージする人が多いことでしょう。実は、ライターもクリエイティブ職に分類されるのです。そもそもクリエイターとは「創造する人」を指すため、言葉を紡ぎ出して文章を創造するライターもクリエイターであると言えます。

それでは、ライターに必要なクリエイティブ力とはどのようなものなのでしょうか。そしてその力を磨くためにはどのようなことをしたら良いのでしょうか。

今回は、ライターのクリエイティブ力について解説します。

ライターにとってのクリエイティブ力とは?

 クリエイティブ(creative)職とは、WEBディレクターやデザイナーなど創造的な仕事をする職種全般を指します。言葉を紡いで魅力的な文章を作り出し、多くの人の心に届けるライターも、クリエイティブ職のうちの一つであるのです。

具体的には、広告や商品パッケージなどのキャッチコピーを考えるコピーライターの仕事内容を思い浮かべてみると分かりやすいでしょう。コピーライターは文字や文章だけで人の好奇心を刺激し、「買いたい」「使ってみたい」と思わせます。人の心を動かすような文章を作るためには、ライティングスキルだけでなく創造力や発想力が欠かせません。

このようにライターは、印象的で人々の心に響く文章を創造する仕事のためクリエイティブ職であると言えるのです。

 

クリエイティブ力を磨くメリット

ライターがクリエイティブ力を磨くことで、さまざまなメリットが得られます。

コンバージョンにつながる文章を書ける

ライターは、文章だけで商品購入や資料請求などのコンバージョン(成果)を出さなければいけません。コラムやエッセイなどコンバージョンがない案件もありますが、WEBライターやコピーライターとして依頼されるほとんどの場合、設定されているコンバージョンに誘導するための文章作成がメインの仕事となります。クリエイティブ力があれば、コンバージョンにつながりやすい文章を生みだすことができるでしょう。

クライアントから信頼される

クライアントからの信頼を得るためには、魅力的な文章を作り上げることができるライターだと認知されることです。信頼度が高まれば継続的に案件を依頼されるようになり、安定した収入にも結び付くでしょう。

クリエイティブ力を高めるトレーニング方法

ライターにとってクリエイティブ力(創造力)は欠かせないスキルだと理解していただけたことでしょう。その力を高めたいと考えている人は、以下のトレーニングを試してみてください。どれも手軽にできることなので、ぜひ日常生活に取り入れましょう。

・優れたキャッチコピーや記事をたくさん読む

・手帳やメモにアイデアを書き留める

・読書の際は展開を予想しながら読む

・新しいことに挑戦してみる

・興味のあるジャンルを追究する

・絵を描くことや工作などクリエイティブな作業をする

これらを意識して行うことで、脳が活性化して新しいアイデアが浮かんだり魅力的な言葉が出てきたりします。

まとめ

今回は、ライターにとってのクリエイティブ力について解説しました。ライターはクリエイティブ職であるゆえ、常に創造力を高める努力をすることが大切です。「私にはクリエイティブ力がない」と諦めず、意識してトレーニングすることで身につけることができます。手軽なトレーニング方法についても紹介したので、さっそく実行してみてください。また、クリエイティブ力を鍛えるためのセミナーやオンラインレッスンなどへの参加もおすすめです。

 

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。