1. HOME
  2. コラム
  3. ライターが困ってしまう依頼内容とは? 記事作成依頼で企業担当者が知っておきたいこと

ライターが困ってしまう依頼内容とは? 記事作成依頼で企業担当者が知っておきたいこと

記事作成代行で、ライターは編集者の指示に従い、クライアントの意向に沿った記事を書きます。しかし、クライアントの依頼内容によっては、執筆する時点で困ってしまうことも少なくありません。

ライターがスムーズに仕事ができないと、発注した企業担当者の意図しない記事が出来上がったり、調整や修正作業が難航して納期が遅れたりすることがあります。質の高い記事を滞りなく仕上げるためには、企業担当者が制作を発注する時点で気をつけなければならないこともあるのです。

こちらの記事では、ライターが困ってしまう依頼内容の具体例を参考に、記事作成代行で失敗しないための留意点を解説します。

キーワードとペルソナが噛み合っていない

ライティングを開始するに当たって、すべての基礎となるのがキーワード設定です。記事は一貫して指定されたキーワードに沿って制作されていきます。一方で、読者(ペルソナ)の設定も大切です。具体的な読者像を意識して書かなければ、ターゲットとなる読者の関心を引く記事にはならないからです。

たとえキーワード検索に引っかかる記事が作れたとしても、ペルソナと合っていないと、その記事の目的(商品の購入、企業への問い合わせなど)にはつながりません。

例えば借金の悩みを抱える人向けに、過払い金請求のことで弁護士事務所への相談を誘導する記事を書くとします。キーワードを「過払い金 請求方法」として、ペルソナに「28歳・男性・会社員・独身」などと設定したとします。これでは、キーワードとペルソナが合っていません。というのも、過払い金が発生しているのは法律が改正される2010年以前に借金をしていた人だけであり、現在28歳の男性が10年以上前に借金をしているはずがないからです。

やや専門的な内容であっても、発注する側もある程度の事前リサーチをした上で、キーワードとペルソナを設定する必要があるのです。

指定文字数が合っていない

 クライアントから依頼された記事の中身と指定文字数が合っていないことがあります。指定の文字数は2000字程度としているのに、キーワードについての具体例や用語解説を交えて記事作成するような依頼をされたらどうでしょうか。

例えば、社会人のための一般教養ネタをコンテンツとするサイトで、「憲法改正」について解説する記事作成の依頼があったとします。憲法改正をテーマに記事を書くとすると、盛り込まなければならない最低限の情報として、「憲法の歴史」「憲法の役割」「憲法改正のための手続き」「憲法改正に向けた政府の動き」などが考えられます。各項目について概要を解説するだけでも400~500字ずつは必要で、導入文とまとめの項目を含めると指定文字数いっぱいになってしまうのです。

依頼を引き受けたライターも内容を優先して執筆せざるを得ないため、指定文字数を大きく超えた記事を書くことになります。報酬に見合わない作業内容はライターのモチベーションを下げるため、記事の質を落としかねません。

企業担当者は記事制作を企画する際、似たような他サイトで小見出しの数や全体のボリュームを参考にして、適切な文字数で発注するようにしましょう。

カフェイメージ

ある程度ライターに裁量権を

 上述2項目とは対照的に、キーワードとペルソナはもちろん、サジェストワードや記事の構成まで、あらかじめ綿密に設定された依頼もあります。指示内容が細かく具体的だと、ライターとしては取り組みやすくなります。

一方で、指示された内容が具体的であっても、指定文字数の厳守、使用必須のサジェストワードなどのルールが多すぎると、柔軟なライティングができなくなるのも事実です。指示が適切であれば問題なく記事を書くことはできますが、あまりに強引なワード設定だったり、順序のおかしな小見出しだったりすると、全体的にバランスの悪い記事になってしまいます。発注の際には、記事制作会社を信じてある程度の柔軟性は持たせることも大切です。

まとめ

ライターの仕事はクライアントの意向に沿った記事を執筆することです。そのため、発注担当者の指示内容があまり練られていなかったり、逆に細かすぎて融通が利かなくなっていたりすると、ライターは混乱を抱えたまま制作することになってしまいます。

たいていの場合は間に入る編集者が、企業担当者に疑問点を確認するなどの調整をしてくれるでしょう。しかし、指示に少なからず疑問の残った状態でライターにまわってくることもあります。ライターがクライアントの希望どおりに解釈できれば問題はありませんが、誤解したまま制作が進んでしまうと大変です。そうならないように、企業担当者は発注の時点で具体的な指示書を作成するか、ある程度の裁量権を持たせた依頼をするようにしましょう。

いずれにしてもクライアントの意向を正確にくんでくれる記事制作会社を選ぶことが重要です。専門性が高く、幅広いジャンルに対応可能なライターを多数抱えているダリコーポレーションにご相談いただければ、企業様のご発注どおりの成果物を納品いたします。

 

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。