1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成会社でプロの視点から文章を推敲する技術とは

記事作成会社でプロの視点から文章を推敲する技術とは

記事作成代行で1つの記事を仕上げるまでには、まず構成を決めると同時に情報をリサーチし、それをもとにライターが文章を作成します。ライターが全文書き上げた時点で記事の完成かというとそうではなく、その前にもう1つ重要な作業が残っています。

「推敲(すいこう)」とは書き手が文章を仕上げる段階で、書き上げた文章全体を見直して、必要であれば手を加えながら質を高める作業です。この作業はインターネット記事の作成でも欠かせません。ではどのように進められるのか、ここから記事の推敲作業について解説しましょう。

校正と推敲とは別の物

文章をひと通り書き終ったあとで、再度確認と修正を行うことは「校正」とも呼ばれます。しかし校正と推敲とは目的が異なり、作業の進め方も違います。一般的に推敲はその文章を書いたライターが担当し、校正については専任の担当者を置くという点でも違います。

校正で主に行う作業は、誤字・脱字などをチェックして修正することと、日本語として不自然な表現がないかどうかを確認することです。文章全体にミスがなく整っていることを確かめる作業だと言えるでしょう。

一方で推敲として行うことは、たとえばもっと適切な表現がないか、もっと分かりやすい表現がないかなど、文章そのものの質と価値を高める作業です。場合によっては、修正前後で文章の内容が大きく変わることもあります。

推敲により文章に磨きをかける

 日本語は1つのものごとを説明する場合でも、ライターによってさまざまな表現が可能です。同じライターであっても、その時の思い付きによって表現が変わることもあります。つまり文章には、絶対的に決まった形はないとも言えるのです。

ただしインターネットなどの記事を仕上げる時には、読者が求める内容や、記事を作成する目的に合わせて、ある程度は決まった形にまとめる必要があります。この点では小説などよりも、新聞や雑誌に近いと言えるでしょう。

インターネット記事の場合でも、ライターは推敲をすることで記事の質に磨きをかけます。しかし小説のように多彩な表現を使い分けることよりも、読者が求める情報を分かりやすく端的に表現することに重点を置きます。

その点では、新聞やニュースなどよりも、さらに読者側の立場からものごとを考え推敲をすることになります。そのほかにも推敲作業では、情報が正しいものであるか、情報が偏っていないかなど、正確な情報を伝えるための確認作業も行います。

ネット記事に特有の表現に注意

インターネット記事に関してよく指摘されることは、スマートフォンの普及に合わせた記事作成ポイントの変化です。中でもネット記事の原則と言われるのが、文章のはじめに結論を述べるということです。

特にスマートフォンのユーザーは、1ページあたりの滞在時間が非常に短く、短時間で知りたい情報が得られないとすぐに別なサイトに移動してしまいます。記事を推敲する上では、ライターはこのような点にも注意しなければなりません。

まとめ

記事作成では、インターネットの記事を書き上げた時点で、ライターは残された2つの作業を行います。1つは文章の中に間違いがないかどうかを確認する校正作業です。もう1つは文章全体の仕上がりを確かめる推敲作業です。

こうしてでき上った記事には、まず情報として正しいものであること、そして文章としても間違いがないこと、さらに閲覧している読者をつかんで離さないことなど、極めて高いレベルでの仕上がりが求められます。

インターネットでは記事が上位にランクされて、しかも多くの読者が読んでくれないことには、宣伝効果も発揮できずサイトとしても人気が出ません。こうしたネット記事の特性を熟知した上で、質の高い記事を書き上げるのがプロのライターの仕事なのです。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。