1. HOME
  2. コラム
  3. 記事作成代行で、記事広告制作に必要なスキルとは?

記事作成代行で、記事広告制作に必要なスキルとは?

記事作成代行において、記事広告は通常の記事制作と違い、その記事を書いている自分の立ち位置を、広告を受ける側から発信する側(クライアント側)に変える必要があります。立ち位置が変われば求められるライティングスキルも変わりますが、広告記事制作では具体的にどのようなスキルが求められるのでしょうか?今回はそのスキルを【理解力となりきり力】、【発信力】、【表現力】に分けてご紹介していきます。

【理解力となりきり力】広告の対象となる商品やサービスの特徴を理解する

 記事広告の依頼を受ける場合には、大抵クライアントから商品やサービスの特徴をまとめた資料や、ホームページのURLなどが示されるはずです。記事を書き始める前には、まずこれらを使って広告を行う対象の理解を深めておかなければなりません。

ここで確認をするのは広告対象の概要、特徴、優位点、その業界での立ち位置の他、業界特有の専門用語があればそれらもチェックしておく必要があります。ビジネスにおける広告記事の場合、読むのはその業界に属している、何らかの課題を抱えている人たちであることがほとんどです。このような人たちが読む記事の中で専門用語の使い方を間違えると、ライターがまったく業界をわかっていない、いわゆる「素人」であることが丸見えになってしまいます。そうなると途端に、記事は読者からの信頼を失ってしまうのです。

もちろん、すべての業界に精通しているライターなどいるわけがありません。必要なのは、与えられた資料からその業界特有の情報を理解する能力と、業界人になりきる力です。

化粧品イメージ

【発信力】どのように商品やサービスの魅力を伝えるか

 多くの読者が、ビジネスに関連する広告記事に求めるのは課題への解決策です。広告記事では「課題確認」から「解決策(広告対象)の紹介」、「他社製品との比較」、「実績紹介」、「キャンペーン紹介」、「購入リンクへの誘導」へと、読者がその広告対象を求めたくなるような、詳細をもっと知りたくなるような流れを作ることが求められます。

ライターはそれぞれの項目において、購入へとつながる情報を読者に向けて的確に発信する必要があります。ただしその発信は、過度にクライアント側に立たないように注意しなくてはなりません。広告記事と単なる広告(テレビや雑誌などで発信される短い広告)の違いは、説得力です。適度に第三者的な視点が入っていない、宣伝ばかりの偏った記事は最後まで読んでもらえません。広告記事制作では、的確で適度な情報発信力もライターに求められます。

【表現力】過度に弾けない、信頼性のある表現力

 記事広告では、文章の語尾に「!」(エクスクラメーションマーク)を多用しているものや、「絶対」や「これしかない」などの断定的な言葉を使っているものも多く見受けられます。ただし、その商品やサービスが自分たちの持つ課題に適した対策かどうかを判断するのは読者です。過度なおすすめや断定は商品やサービスの押しつけに過ぎず、決して読者の理解を得られるものではありません。

そのような品格に欠ける文章は、広告記事の信頼性を損なうばかりでなく、クライアントの会社までもがその姿勢を疑われることになります。過度に弾けない品格を持った文章は、読者への説得力を生みます。記事広告には、押しつけではなく説得が適しているのです。

まとめ

記事広告制作を行うときには、クライアントの意向を確認しておくことも大切です。おおよその流れや訴求のポイント、どうしても書いて欲しいことなどをあらかじめヒアリングしておきましょう。何回もリライトになってしまうのはお互いのためになりませんし、クライアントは勝手のわかったライターになら、また仕事をお願いしたくなるものです。

 

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。