1. HOME
  2. コラム
  3. 記事制作代行で、よりよい記事に仕上げるための「推敲」

記事制作代行で、よりよい記事に仕上げるための「推敲」

打ち合わせ

記事作成代行では、原稿を書き終わったら推敲(すいこう)をする、というのはプロとして文章を書くときに必ずやるべきことです。むしろ原稿は推敲することを前提として書くものだともいえます。

では、記事をよりよいものにするためにはどのように推敲をすればよいのでしょうか。推敲という作業に対する考え方、チェックポイント、コツなどを紹介します。

推敲はなぜ必要?

推敲とは、一度書いた文章や原稿全体を見直して修正し、最終的な形に仕上げる作業のことです。文章を書き慣れているプロのライターであっても、原稿を納品する前には必ず自分の書いたものをもう一度読んで推敲します。

推敲が必要な理由を簡単にいえば、原稿はライターにとっての商品だからです。推敲は製造業における検品や品質管理のようなものです。しっかりと要求に応える文章と構成になっているか、読者が読んだときにわかりやすく役に立つ(あるいは面白い、興味を引くなど何らかの価値のある)内容になっているかをチェックし、商品として通用するレベルの状態にまでブラッシュアップします。

ただし、原稿の完成度を上げる作業には「これで終わり」という明確な基準はありません。やろうとすればいくらでも延々と文章を練り直すことは可能です。しかし期日を守るのもライターの責務なので、どこかで折り合いをつける必要があります。折り合いをつけたときにどの程度のクオリティに達しているかで、ライターの力量が決まります。

推敲のチェックポイント

推敲するときのチェックポイントを挙げてみます。以下の項目に注意しながら原稿を見直すと修正すべき箇所が見えてくるでしょう。

・誤字脱字がないか

・主語と述語の関係が明確、助詞の使い方が適切など、正しい文章になっているか

・掲載するWebサイトやメディアのトンマナ(トーン&マナー)に沿っているか

・SEO原稿であれば必要とされるキーワードが組み込まれているか

・編集者やクライアントからの要求、指示に合った内容になっているか

・タイトルや見出しと本文の内容がかみ合っているか

・他サイトの文章などのコピー&ペーストになっていないか

・不必要、不適切、冗長な表現がないか、削れる箇所はないか

・わかりやすい文章や言葉遣い、内容になっているか

・リズム感のある文章になっているか

・原稿全体の流れに一貫性があり、まとまっているか

・完成形の記事として見たとき、誰に何を伝えるのかが明確か

最終チェック時の心構えとコツ

原稿を書くときは、多少なりとも細部に気を遣いながら文章を組み立てているものです。その作業に没頭していると、どうしても全体を見渡すということが難しくなります。

納品前の最終チェックとしての推敲には、その全体を俯瞰して見て原稿をバランスよく整えるという役割があります。細部の手直しもしますが、最後は記事としてまとまりのあるものになっているかどうかを考えることが大事です。

客観的に見直したいときは、自分が読者になったつもりで、あるいは編集者になったつもりで原稿を読んでみてください。クライアントだったらどう思うかという視点も試してみるべきです。

最終チェックは、原稿を書き終えてから少し時間を置いて行うのがベターです。パソコンで作成した原稿を印刷して読むのも、印象が変わるため効果的です。スマホで読んでみるという方法もあります。

推敲に必要なのは「客観的な視点」です。こうした能力は「メタ認知」とも呼ばれます。メタ認知能力を磨くことで記事の仕上がりは大きく変わるでしょう。

まとめ

記事制作代行では、原稿はなるべく集中して短時間に一気に書き上げ、少し時間を置いてから改めて推敲して仕上げる、という流れで作成するのがおすすめです。この方法は、安定した質の原稿を限られた時間内で量産するために効果的です。

文章を考えて書く作業と、推敲して修正しつつ原稿全体を整える作業という2つは、どちらも同じくらい重要です。推敲のやり方をマスターすれば、それがライターとしての大きな武器になるでしょう。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。