1. HOME
  2. コラム
  3. 「Web記事広告」の記事作成の方法

「Web記事広告」の記事作成の方法

最近テレビのCMが多すぎると感じる人は少なくないでしょう。同じようにWeb上に表示される広告も、徐々に邪魔者扱いされるようになってきました。とは言っても宣伝する側にとっては、何とかして広告を見てもらう必要があります。

そこで考え出されたのが「記事広告」と呼ばれる新しい宣伝手法です。今回は、記事作成代行にける、Web記事広告についての概要を解説しましょう。

従来のWeb広告と何が違うのか?

Web広告はテレビCMよりも、ある意味シビアな世界です。インターネットのユーザーは、自分が興味のある対象以外は見てくれません。そのため動画広告でインパクトを与えたり、広告を表示するタイミングを工夫したり、さまざまな手法が編み出されました。しかしそれが逆効果となり、現在のユーザーは広告に対して、ネガティブなイメージを抱いてしまっています。

そこでユーザーの邪魔にならず、しかも興味を持ってもらえるように、ネット記事に違和感なくなじむように工夫されたのがWeb記事広告です。従来の広告のように突然画面に飛び込んできたりせず、記事の中でまるでコンテンツの1つのように表示され、興味を抱いたユーザーを自然にとり込めるように作られています。

記事広告を書く場合のポイント

記事広告と呼ばれるからには、宣伝文句を並べるだけではNGで、ユーザーが興味深く読んでくれる記事でなくてはなりません。つまり記事を書くライターの腕が試されるということです。それ以外にも記事広告を書く上では、いくつか注意すべきポイントがあります。

まず初めに考えるべきことは、既存の広告が陥った失敗を繰り返さないことです。例えば商品やサービスを売る立場から、一方的にメリットを並べたててしまうと、ユーザーは拒絶反応を起こすでしょう。

一例として健康食品、または自然食品の記事広告を考えてみましょう。ユーザーはこうした広告を見慣れているので、いくら良い商品だとアピールしても、すぐに疑いの目で見て興味をなくす可能性があります。しかし、その記事広告の中でユーザーの共感を得ることができたらどうでしょうか。

そのためには、広告制作者の立場よりも、ユーザー側の視点から記事を書くことが重要になるわけです。その商品を飲んでみた、食べてみた、そしてこんなことがあった、というような体験談を自然体で書く必要があるのです。もちろん、記事としてもユーザーを満足させるものでなければなりません。

SEO対策も慎重に

一方でWeb記事広告本来の目的は、商品やサービスを宣伝することです。単なる記事になってしまうと、その目的がはっきりしなくなってしまいます。記事としてのクオリティを保ちながら、自然に宣伝的な内容もとり入れなければなりません。

また、広告を掲載する記事本体とは別に、記事広告そのものでもSEO対策を十分に施す必要があります。SEO対策ができていないと、記事本体に興味があるユーザー以外は記事広告に流入してきません。Web記事広告は記事としての仕上がりと共に、宣伝広告としての質まで要求されるものなのです。

まとめ

インターネットが普及を始めた頃には、記事も広告も文章が中心でした。しかし現在はスマートフォンの広がりによって、ユーザーは手軽に動画を楽しむようになり、広告も動画にする傾向が強まっています。

その中でWeb記事広告が注目されれば、ライターが活躍できるフィールドが、さらに拡大する可能性があります。ライティングの需要を伸ばす上でも、歓迎するべき流れなのではないでしょうか。

Web広告記事を作成するにあたっては、基本的なSEOの知識と宣伝広告の知識を身につける必要があります。さらに宣伝する商品やサービスに合わせて、柔軟に記事の内容やテイストを変える能力も求められます。それでもライターにとっては、仕事の幅を広げる大きなチャンスになるかもしれないのです。

DALI編集部

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。