翻訳・英文記事TranslationDALIの翻訳

 ダリコーポレーションの翻訳の特長

  • 日本語の細かいニュアンスを感じ取れる日本人翻訳者とネイティブチェッカー、さらにコピーライティングに強いネイティブが連携して高品質な翻訳を提供いたします。
  • 日本語への翻訳は、まずは全内容翻訳から、サイト向けのコピーライティングまで行います。
  • ビジネス文章や緊急性の高いメール文章、英文校正などを承れます。
  • 金融や医療・バイオ・法律・ITなどの専門性の高い翻訳は、それ専門の翻訳スタッフが担当します。
  • センスが必要なタイトルやキャッチコピー翻訳をします。

翻訳の仕事は、日本語を英語などに置き換えることですが、一般の翻訳家はできるだけ原文に添った翻訳をしようとします。

しかし、それでは、確かに正しい英語でも、ネイティブが読むと不自然で、時には滑稽な文章になってしまうことがあるのです。日本には、そういったおかしな翻訳文章がたくさん存在し、企業のアピールどころか、逆にマイナスのイメージを与えてしまっているものが少なくありません。英語の翻訳では、日本語でいいたいことだけでなく、英語で発想する力が必要なのです。

例えば次のような例をよく見かけます。

・自社をアピールしたいばかりに説明が多すぎる。(シンプルさに欠ける文章は海外では幼稚な印象を与えます)

・意味は通じるが、ビジネスとして、使わない言い回しを使っている。

・日本では知られているが、海外には通じないことまで翻訳している。(補足したり、場合によっては省く勇気が必要です)

・日本語のキャッチコピーを英語に置き換えているので、不自然。(作り変える必要があります)

・数字に対する感覚が違う

例:

★「1万ダウンロード突破!」→英語圏では、世界規模のダウンロード数が普通なので、「1万」ではアピールどころか、少なすぎる。

★日本ではビジネス書で300万冊売り上げは超ベストセラーだが、米国では1億冊の作家もいる。

★「世界水準」「世界レベルの」という日本語原文が多いが、海外では世界基準で考えるのは当たり前な感覚なので、日本の企業がそういった発言をわざわざすること自体が滑稽に感じてしまう。(違う文言に置き換えます)

★日本語では「企業の説明」がキャッチコピーになっていることが多く、海外では違和感があります。

★意味は通じても、ネイティブが読むと不自然。

実際にあるキャッチコピー例: To give attentive consideration both to humanity and nature.

日本人は、considerationに、いろいろな形容詞をつけたがる傾向がありますが、ネイティブは妙に感じます。

★人に使う動詞を、事象などに使用していることが多い。(非常に奇妙です)

翻訳においてもコピーライティングは重要です。

さらに翻訳には限界があり、文章を前後させたり、場合によっては新しく文章を作り直すことも必要です。

海外に向けて、企業の顔ともなる翻訳と成約に結びつけるコピーライティングを提供します。

1. 単なる翻訳に留まらない、言語の国のニーズにあった翻訳

日本語のホームぺージ文章だけでなく、英語や中国語に翻訳します。

同じ内容でも、国によって響くコピーやデザインは違います。国民性の違いから、翻訳後の表現が相手の国や地域の気質・文化にマッチしていないと、商品・サービスの魅力が伝わらず売上は伸びません。それどころか最悪の場合は知らないうちに誤解を招いたりクレームにも発展しかねません。ビジネス向けの翻訳には、現地の人に刺さる表現へと作り変える専門技術も求められるのです。

例えば、日本では商品の性能の高さやスペックを伝える表現が多く見られますが、アメリカでは商品を通して消費者の生活がどう変わるのか、買うことでどんなメリットがあるのかが伝わる手法が好まれます。

さらに、日本やヨーロッパではメートル法が使われていますが、アメリカにはインチやオンスを使うヤード・ポンド法が根付いている、といった文化の違いもあります。

また、中国などアジア向けの場合は、「日本製」を打ち出すことが最も訴求力を発揮します。アジア市場では中間層が広がり、品質の高さや安心感・信頼感が魅力の日本製品が幅広い分野で人気を呼んでいます。

ダリコーポレーションでは、単なる日本語を外国語に置き換えるのではなく、お客様と翻訳言語の国のターゲット層にとって響くキャッチコピーや違和感のない表現、内容で翻訳し、その国にふさわしいデザインもご提案します。

2. 英語・中国語による取材

英語や中国語のスピーカーへの取材を代行し、英語、中国語の音声テープ起こし、日本語への翻訳、取材記事作成までを行います。必ずネイティブのスタッフも同行し、正確でクオリティの高い取材を行います。

3. プロフィール制作・会社案内・パンフレットなど

日本語のプロフィールのほかに英語や中国語のプロフィールも作成したい方のためのサービスです。プロフィールの表現は、日本語と外国語では大きく異なります。
特に、日本語の表現は曖昧なものや、表現の仕方が日本語独特のものが多く、海外の人には理解できないことがあります。
ネイティブに伝わりやすく、違和感がなく、好印象なプロ―フィールに書き換え翻訳します。
また、会社案内やパンフレットなどの翻訳も取り扱っています。

4.英文記事執筆

日本語はないけれど、いきなり英語で文章がほしいというご依頼もOKです。
英語の文章は英語でコピーライティングします。キャッチコピー(キャッチフレーズ)なども、ネイティブに響くものにネイティブのコピーライターと考案いたします。

■取り扱い言語

英語・中国語・ドイツ語・ロシア語・韓国語・スペイン語・イタリア語・タイ語など

■取り扱い分野

ホームページ・プロフィール・資料・字幕・パンフレット・インタビュー・取材記事・コンテンツ記事・台本・海外ネタ
法律・契約書・医学・薬学・科学・IT・芸術・音楽・文化・金融・歴史・エンターテイメントなど

翻訳の流れTranslation Flow

    • STEP1

      翻訳原稿またはURLをお知らせください。

    • STEP2

      翻訳のパターン

      1. 1. 通常の直訳
      2. 2. ネイティブに合った表現に文言の書き換え、およびタイトル、キャッチコピーのご提案

    • STEP3

      お見積り

    • STEP4

      言葉の微妙なニュアンスが理解できる日本人とネイティブがペアで翻訳します。

  • STEP5

    納品(修正は承ります)