販促ツール広告・同梱物・DM・プレスリリース

■商品を発送する際に入れるチラシやカタログ・ニュースレターは売上を一気に伸ばす、強いツールです。

弊社でご提案するのは、次の種類になります。

商品購入のサンキュレター / コンセプトブック / 小冊子 / 月間ニュースレター / お客様の声チラシ / 定期購入引き上げチラシ / 漫画チラシ / DMなど

必要な種類の同梱物の執筆、デザイン、印刷まで、コンサルティングを含めて行うことができます。
同梱物の内容は、企業様ごとに異なります。
商品の内容を詳しくお聞かせください。

 

1. 執筆から印刷まで一貫サポート

商品のことをいくら知っていても、実際にニュースレター・DMを執筆するのには企業内で限界を感じている担当者様もいるはずです。真にお客様に商品・サービスを訴求していくには、客観的に商品と顧客を見て書かねばなりません。

2. 購買・来店までの導線構築

やみくもに既存顧客に対してニュースレター・DMを送っても意味はありません。
年齢、住所、性別等でターゲット像を絞り込み、適切なタイミングで、適切な情報を与えることが重要です。
興味を持ってもらうだけでなく、購買・来店という「行動」に移させるためには、戦略的な導線構築が必須です。
弊社では、単なるPRにとどまらず、売上アップにつながる導線を構築します。

3. 女性目線のライティング

基本的には、ニュースレター・DMで購買・来店へと行動を移すのは女性顧客が多いです。
同じ人間であっても、性別の違いで悩みの原因は驚くほど異なります。
そのため執筆に関わるのは、顧客の心理状態の分かる女性ライターが適任です。
弊社では女性のセールスライターを多く抱え、女性目線でのセールスコピーを提供しています。
リピート率アップにお悩みの担当者様は是非ご相談下さい。
DMは、ゼロから1を生む、コピーライターならではのアイデア力を生かし、さまざまなパターンの優れたDMを作ります。
ビジネスで大きな役割を果たす、ダイレクトメール。
一般のDMだけでなく、A4のFAXで、FAXDM文章からデザインまで、DMの持つ力はすごい

 

■その他、プレスリリース

メディア露出は「2度おいしい」ことを知っていますか?
プレスリリース1通で新聞・テレビ等に紹介されれば、広告宣伝費をかけるより格段に高い費用対効果が得られます。さらに、露出後は「◯◯で紹介されました」と表記でき、ブランディングや顧客への訴求力に威力を発揮します。
しかし、残念ながら多くの企業にとって夢物語に終わっています。
「プレスリリースを出したのに、取材されない」
そう悩んでいる企業の広報担当者が多いのです。なぜ取材されないのでしょうか。その理由は、記者・ディレクターがプレスリリースをどう扱っているか知らずに書いているからです。
まず、多くのプレスリリースはろくに読まれずに捨てられています。メディアで紹介されたい企業は山ほど存在し、新聞社やテレビ局には毎日大量のプレスリリースが届きます。当然、興味のないものはどんどんゴミ箱行きです。
さらに、プレスリリースが目に留まったとしても、忙しい記者・ディレクターはなかなか最後まで読みません。ゴミ箱行きを免れても、すぐ他の書類に埋もれてしまいます。
プレスリリースは形式がシンプルなため、誰でも書けそうに見えます。しかし「捨てられる」「読まれない」という2つの関門を突破し取材対象に選ばれるには、専門的な筆力が問われるのです。
では、どうすれば良いのでしょうか。
第一に、メディアが取り上げたくなる切り口を見つけることです。記者・ディレクターが探しているのは、読者・視聴者が喜ぶ情報です。
次に、短時間で要点が把握できる文章が必要です。長い文章に目を通さなければ概要が分からない情報提供は不親切で逆効果です。肝心な事は、すぐに要点が掴めること。
プレスリリースのボリュームは文章・写真やグラフ等の資料も合わせてA4サイズ2枚程度がベストと言われ、文章は簡潔にまとめる必要があります。
ダリコーポレーションでは、元テレビ局のニュース記者をはじめ、セールスライターがプレスリリース執筆を代行いたします。
徹底して読み手の立場で文章を書くプロだからできる最適な表現でプレスリリースを作成し、取材オファーを獲得します。